印鑑に国柄があらわれています

印鑑イメージ

世界から日本をみると、印鑑を使っていることが、とても珍しいと思われています。

日本に印鑑を伝えてくれた中国でさえ、印鑑を使うことがなくなり、サイン一つで済んでしまう社会に変わってきています。

そのため、日本では印鑑はとても重要なもので、社会的信頼や自分の分身とさえされているのにも関わらず、観光で訪れる海外の人たちは、興味本位で作ってみたり、当て字を使って印鑑を作ったりと、楽しんでいるようです。

では、なぜ日本はサインではなく、印鑑にこだわるのでしょうか。

それは信頼性や安心などを重視している国柄だと言えます。
だからといって、日本以外が、信頼性などを重視していないかと言われると、そうではないですが、便利さや手軽さなどを、重視していなかったという傾向が、現在の習慣に繋がっているのではないかと言われています。

ですが、実際は印鑑を作るのにもお金がかかってきますし、保管にも気を使わなければなりません。
さらに、証明書などの提出を求められた場合、3か月以内に発行してあるものでばければ、認めてもらうことができないなど、便利とはかけ離れているでしょう。

サイン社会の代表国であるアメリカでは、小さなころから、自分のサインを書く練習をしているようです。
ですが、日本で実印を持つ場合、15歳以上と定められています。

その結果、便利さだけではなく、手軽さなども、まったく感じられないでしょう。

しかし、日本には印鑑職人という、細やかな作業ができる職人さんがいます。
こうした世界に誇れる職人さんがいる限り、印鑑の未来は守られることでしょう。

〔おすすめ比較サイト〕

ネットで印鑑購入をお考えの方、必見です!
個人印鑑から会社設立印まで幅広いラインナップで、あなたの印鑑選びをサポートします。

印鑑を買うなら《印鑑ネット》におまかせ!

ページの先頭へ