未来の自分に投資する

未来イメージ

印鑑の未来を考えるということは、自分の未来を考えるということでしょう。
大げさに感じてしまうかもしれませんが、印鑑の中でも実印という存在は、自分自身を表わすからです。

実印は15歳から持つことができるものなので、できれば早いうちから持つことをおすすめしますが、印材などにこだわる場合、早くからは持てないということが現状です。

実印を持つ時、印材だけではなく、印影などにもこだわりますが、その印鑑を持っている、10年後または20年後の自分を、想像できるかも考えてほしいです。
自分自身を表わすだけではなく、一生付き合っていく印鑑となる場合がほとんどですので、重要な点だといえるでしょう。

実印だけではなく、印鑑と呼ぶものは、事務用品などの一つになりますが、人生の節目などに購入することが多いので、印鑑が長持ちするという考えだけではなく、自分の未来への贈り物として、慎重に選んでみてもいいのではないでしょうか。

高級感がある方が好きな人は象牙、誰かと同じものが嫌という人は、天然の模様がついている牛角、印鑑自体にも特別な力を求めている人はパワーストーンなど、印材にこだわればたくさんありますが、自分がずっと持っていたくなるような印材を選ぶほうがいいでしょう。

こうした様々な想いをこめて、印鑑の未来=自分の未来を考えてみるのも、印鑑選びの大事なポイントでしょう。
もちろん、安いものではないので、お財布との相談も必要となりますが、未来の自分に投資すると考え、奮発してみてもいいのではないでしょうか。

~ 〔関連おすすめサイトのご紹介〕 ~

<簡単・自由にレイアウト>名刺作成

最短即日出荷が可能なスピード名刺館

多彩なサイズやデザインから選べるテンプレートは500種類以上!
スタイルに合わせて豊富なレイアウトの中から名刺をお選びいただけます。

ページの先頭へ